シングルマザーの資格を生かした転職【看護師求人の探し方】

シングルマザー看護師

看護師の資格を持つシングルマザーも多いかと思われます。

看護師は一生モノの資格、一念発起、これから資格を取得しようとお考えのシングルマザーもいらっしゃるかもしれません。

子どもの教育費、先々の生活を考えるなら、手に職があるのはほんとに心強い。経済面はもちろん、仕事を持つということは張り合いにもなるし、自分の存在価値が認められるので心理面でも支えとなります。

シングルマザーが仕事を持つのに障害となるのは、やはり子どもでしょう。

子どもを家において夜勤はやはり心配。実家を頼れない場合などは、特に小さいお子さんの場合、フルタイムで勤務することもままならないという場合もあるかもしれません。

看護師の資格を生かして働く方法、シングルマザーが転職に成功する求人の探し方を探ってみました。

シングルマザー看護師の転職

多様な看護師の働き方

看護師の就職の方法もいろいろあるわけですが、まずは、雇用形態をどうするのか、どこで働くのかという選択肢があります。

雇用形態は様々あるので、ご自身のライフスタイルに合わせた選択をすることができます。無理な選択をすると、ストレスがたまるばかりではなく、仕事の継続すら困難になりかねません。

特徴を把握して、無理のない働き方をするのが望ましいです。看護師の雇用形態としては次のようなものがあげられます。

  • 常勤(夜勤あり)
  • 常勤(日勤)
  • 非常勤(パート・アルバイト)
  • 夜勤専従
  • 契約社員・派遣社員
  • 短期・単発

さらに、正看護師と准看護師の求人があります。

看護師の職場は病院だけじゃない

看護師と一言で言っても、実はその働き方は様々、雇用形態に限らず、職場や職種も自分で選択することができます。看護師の資格があれば、病院やクリニック以外にも職場が広がります。

例えば介護施設では特別養護老人ホームや有料老人ホーム、またはデイサービス、企業の医務室や保育園、児童福祉施設、訪問看護まで、職場は病院に限らず多様です。

職種の選び方としては、やはりご自身に会った働き方を見つけるのが長く続く秘訣。看護師の中には、処置手的な業務がメインの病院勤務が合わないけれど、ケアは向いてる、という場合もあります。

また、大学病院の人間関係にストレスを感じる看護師も少なくないようです。もちろん、その逆の場合も然り。

自分の性格や特性、好み、ライフスタイルにマッチした職場を見つけることが大事。

希望する職場、勤務形態で働きたい場合は、看護師の転職サイトに登録することで、自分に合った職場がより探しやすくなります。納得の勤務条件で働きたい場合には、専門のコンサルタントがサポートしてくれます。

コンサルタントとうまくコンタクトすることで希望に沿った職場がより探しやすくなります。

シングルマザー看護師が活躍できる職場

看護師の資格があれば様々な職場で働けるということです。シングルマザーでも勤務可能な条件の職場を見つけることができればよいわけです。

わざわざ自分に合わない職場を選ぶ必要もありません。看護師って活躍の場が広範囲、介護施設の需要は高まるばかりですし、すでに資格を持っている人は有利です。

シングルマザーの場合、家庭の状況等もあるでしょう。自分に合った働き方のできる職場を探して、積極的に求職活動をされてみてはいかがでしょう。

看護師が活躍できる職場には次のようなものがあります。

病院

看護師の職場としてまず病院があげられます。病院にも比較的規模の大きい総合病院、また、それ以外の病院とがあります。

総合病院は、バリバリ働きたい、キャリアを磨きたいといった看護師さんに向いているでしょう。新卒の採用も多く比較的年齢層は若いようです。もちろん、産休や育休を経て職場復帰を果たす看護師も大勢います。

総合病院の場合、組織の都合で配属先の希望が通らないことも考えられます。大きな病院で安定して働きたい看護師向きかもしれません。待遇は病院により異なるので要確認です。

資格取得支援制度や奨学金制度のある病院もあり、教育体制は総合病院のほうが整っていると言えます。上昇志向でバリバリキャリアを積みたい人には良いかもしれません。

一方、多くの病院である一般の病院ですが、規模の小さい病院から比較的大きな病院まで規模は様々、地域密着型の病院も多いです。病院によって診療科目や特徴、強みが異なるので、自分の希望のタイプの病院を選ぶことができます。

待遇面、教育バックアップ体制については、病院ごとに異なります。特徴を把握して、自分に合った職場環境課見極めたうえで就職することが大事。

クリニック・診療所

クリニック・診療所は病院と混同しがちですが、病院とは実は明確に区分されています。一言で説明するなら、その違いは病床数。20人以上の入院施設を備えているのが病院、入院施設が19人以下、または入院施設のない場合がクリニックまたは診療所と定義付けられています。

病院とクリニックでは、病床数のほか、最新のシステムの普及などの違いも実際には見受けられるようです。

クリニック、診療所は、地域密着型である場合が多く、業務としては外来業務がメインとなるクリニックが多いです。職場は病院に比べて少人数である場合が多く、チームワークが大事、人間関係もより密になります。

クリニックの場合、即戦力としてカウントされます。また、特徴として、規則正しい勤務ができるということも挙げられます。

訪問看護

訪問看護とは、 看護師が、病気やけがなどで在宅で寝たきりの方、病気や療養生活に不安を抱えている方、またはその家族のケアなどのために、患者さんの自宅に出向いて、それぞれに合った看護を提供する仕事です。

看護師は、それぞれの地域にある訪問看護ステーションに所属して、患者さんの看護に当たります。訪問看護は、患者さん一人一人と向き合う看護がしたいという看護師に向いている仕事です。訪問看護の仕事は、看護師としての仕事のスキル、判断力や決断力も問われます。

責任も大きくやりがいを実感できるとともに、個人の看護スキル、コミュニケーション能力を伸ばすことができる仕事です。 自分の判断で動ける、また、経験によってやりがいを実感できるとする看護師が多いです。

日勤希望の看護師には人気の職種である一方で、責任の大きさも特徴です。高給の求人が多く、看護師の中には、独立して個人事業主として活躍するケースもあります。

介護施設

看護師の仕事として近年需要が大幅に拡大しているのが介護施設。高齢化の影響もあり、医療行為が必要な高齢者が増加しているため、介護施設では看護師の需要が大幅に伸びているのです。

介護施設と言っても種類は色々。介護保険で利用できる特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、民間運営の有料老人ホーム、デイサービスまであります。

業務内容としては、入所している方の生活のサポートがメイン。病院とは違い医療行為ではなく、健康管理が主な仕事となります。忙しい病院勤務とは異なり、じっくり業務に取り組めるのが特徴です。

介護施設は基本は日勤の常勤、仕事と家事や育児との両立がとりやすいということで、女性に人気の職場となっています。実際、介護施設に勤務する看護師は、家庭のある女性や子育て中の女性などが多いです。

介護施設は通常日勤常勤、子育て中でも比較的働きやすい環境であると言えます。需要の拡大もあり、ますます看護師が活躍できる場と言えるでしょう。

保育園

2007年より、看護師が保育園でも働けるようになりました。保育園看護師の制度はできてまだ浅いこともあり、仕事の内容がまだ定まっていないという保育園も多いようです。

保育園では、まだ体のしっかりできていない幼児を預かっているので、アレルギーなどの持病を持つ子どもも増えているのです。そのため、保育園での看護師には、主に園児の健康管理が求められています。

保育園看護師は、慢性疾患やアレルギーを持つ子どものケアや、薬の管理なども行います。

園児や職員のけがや疾患の場合には、看護師として対応可能なら処置をし、また、症状によっては病院への同行もします。体調管理をすること、または保護者への連絡や説明も保育園看護師の大切な業務です。

看護師のフィールドは広い

看護師が働ける場はこれだけではありません、活躍の場はほんとに広範囲なのが看護師です。看護師の資格をお持ちなら、ぜひそれを生かしてフィールドを広げてみてはいかがでしょう。

雇用形態も選べるのが看護師。例えば、夜勤ができない場合には、日勤が可能な介護施設やクリニックで探してみたり、勤務時間を相談してみるなど工夫はできるはず。

シングルマザーで子育てと看護師とを両立するのは、たやすいことではないでしょう。自立の一歩として、初めはパートや派遣から始めてみても良いかもしれません。


関連記事

ページ上部へ戻る