シングルマザーの在宅収入女性向け出会い系アフィリエイトの始め方

出会い系アフィリエイト

前回、筆者のアフィリエイト成績をちらっとご紹介しました。
ゼロからスタート、6か月アフィリエイトをやってあんな感じ。

基本専業ですが毎日アフィリエイトができる、という状況ではありません。

月数百万稼ぐアフィリエイターも多いですけど、半年で20万超だから、まずまずの成績かな。
アフィリエイトはゼロから1までが大変と言われてて、その後は複利的に加速していくとも言われていますよ。

アフィリエイトの始め方

アフィリエイトって何?というシングルマザーも多いかと思いますので、まずは簡単にアフィリエイトについて解説しますね。

そもそもアフィリエイトでなぜ報酬がもらえるの?どこからもらえるの・・・という疑問があるでしょう。

一言で言えば、アフィリエイトって、広告主の商品を紹介するお仕事です。

商品を販売するわけではないので、アフィリエイターはいわば「広告代理店」といったところ。

じゃあ、具体的にどうやって報酬を獲得するのか?アフィリエイトの始め方は?

アフィリエイターは自分の媒体、例えばブログやツイッター、メルマガなどを通して広告主の商品を紹介します。

そこで、ユーザーがそのリンクを通じて商品を購入してくれたり、または登録などしてくれることで報酬が得られる、というしくみです。

登録というのは、無料会員,有料会員の登録であったり、資料請求であったりと様々です。
物販ですと、女性ならコスメやファッションなど、ジャンルはほんとに色々ありますよ。

筆者もメインは美容関係をやってます。女性なので、美容関係はやはり取り組みやすい、というのが理由。

初心者や女性の稼げるジャンルとしては出会い系はおすすめ。

シンママおすすめジャンル

シングルマザーや女性におすすめのアフィリエイトのジャンルは?

前回もちらっと触れましたが、おすすめは出会い系アフィリエイトです。

ノウハウが身について、ある程度資金力が付いたところで、他のジャンルに参入していけばよいと思います。

なぜ出会い系アフィリエイトが女性におすすめなのか?

先にも記したとおり、アフィリエイトを始めるには、ブログやホームページなど媒体が必要です。

ブログやホームページなどに広告用のバナーを張り付けて商品を紹介します。
無料ブログを持っている人、作れる人は一歩進んでると言えます。そこで紹介できますから。

筆者が使用しているのは、アフィリエイト専用のソフトシリウス。

アフィリエイトを始めるなら大抵の人が持っているソフトで、簡単にサイト作成ができる便利なソフトです。

本格的にアフィリエイトに参入したいなら、いずれ購入したほうが良いでしょう。

肝心のアフィリエイトですが、本格的にアフィリで報酬を得るようになるには少々時間と、努力も必要。

初心者や女性でも稼ぎやすい出会い系アフィリ

アフィリエイトってどんなものか大体お分かりいただけたでしょうか。

実際アフィリエイトを始めるには、ブログなりHPなり媒体が必要と言うことも先に記したとおり。

次に自分のブログをASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)に登録しなければなりません。

登録申請をして許可されて初めて広告掲載がスタートできます。
中にはブログなしで登録できるところもありますが、基本はブログが必要です。

しかも審査があるので、一気にハードルが高くなった気がするかもしれません。

そこで出会い系アフィリエイトというわけです。

出会い系サイト、例えば知名度の高いハッピーメールなどですが、ASPの審査なし、女性の場合無料でアフィリエイトを始めることができます。

出会い系アフィリの始め方

本来、出会い系サイトというのは出会いを目的としたコミュニティサイト。
今回はアフィリエイトのためにサイトを利用します。

もちろんサイト側でも宣伝している合法な方法です。
サイトに登録すると、自分専用アフィリ用の専用リンクがもらえます。

それを自分のブログなり、ツイッターなりで宣伝していきます。

女性は出会い系サイトの登録、利用が無料なので非常に勧めやすく、しかも大手サイトは利用者が多い。なので、実際に出会い系アフィリで稼ぐ人が大勢いるというわけです。

筆者も実際5サイト以上登録しています。

登録しているのはいずれも大手の優良サイトなので、個人情報が漏れる心配も、迷惑メールがくるといったこともありません。

大手優良サイトで登録しておきたいのは次の6サイト。

1サイト紹介しただけで大きく稼ぐのは難しいので、複数登録しましょう。

アフィリエイトを始めるには、年齢認証まで必要です。
数分で年齢認証まで済ませてしまいましょう。


ミントC!Jメール

ワクワクメール

イククル

ワイワイシー

PCMAX


関連記事

ページ上部へ戻る